So-net無料ブログ作成
検索選択

隆~Takashi~ byぶちょお [読書]

文集で没案となった官能氏の作品です。感想はコメントへどうぞwww


隆~Takashi~

 少し開けた広場のようなところ老博士が言った。
「これが待ちに待ったタイムマシンじゃよ。これに乗れば未来に行くことができる。では乗るとするか。」そう言って博士はタイムマシンに乗り始めた。しかし、その瞬間雷が博士を直撃した。老博士は撃たれ、地面にころげ落ちうめいている。助けなければならない。すると近くに救急車が出現し、ナースの「先生、急患です。」という声が・・・。

ナースの「先生、急患です。」という声で男は夢から覚めた。
 男の名は隆。日本有数の大病院の天才脳外科医である。(と本人は思っている。)そして、その類希な才能にもかかわらず液動のような過酷で退屈な仕事ばかりの毎日で、その才能が充分に発揮されていない。(と、少なくとも本人は不満に思っている。)ナースに呼ばれるがままに隆は手術室に入った。
 患者は手術室の真ん中に横たわっていた。顔は包帯に覆われていて見えなかったが、包帯の隙間から目がのぞいていた。隆はその目にどこか不気味なものを感じた。そして手術に取り掛かった。
 次の日の夜、隆はジュースを飲みながら昨日の出来事について考えていた。患者の手術は成功していた。男は交通事故で重傷を負っていたが、この手術によって一命をとりとめた。しかし、信じられないことにその日の夜、男は突然ベッドから姿を消し、職員たちが捜索したものの発見できなかった。「動いてどこかへ行けるほど傷は浅くなかったのにな」と隆はつぶやいた。すると目の前の廊下を包帯を巻いた男が横切るのが見えた。「もしかして昨日の患者ではないか」と隆はとっさに思い、男を追いかけた。階段のところで男に追いつきもみ合いになった。すると足の下に何か柔らかい感触があるのを隆は感じた。バナナの皮のようなものが宙に舞う。隆は階段から転げ落ちた。そして、意識が遠のくのを感じた。
タグ:ぶちょお

生徒会・・・ byぶちょお [読書]

何かインデックスの最新刊が出たっぽい

jdkfg氏によると、[ピー]さんが死んで、また復活したとか何とかwww

moka氏が「何だかな~」と不満そうでしたね。「10巻分位休んで貰いたかった」とも言ってました。まぁ俺なんかはず~~~~~~~~~~~~~~っと休んで頂きたかったんですが。五月蠅いし


ゲイ作イインチョ氏が「moka氏が読書ブログにインデックス22巻(前巻)を投稿してたよ」とか言ってたんで見てみたんだが・・・チョイとズレてないかな~とか思った。(詳しくは読書ブログで)


暇なんで、批判的になってしまうがインデックスに対する不満点を幾つか


まずさ、常識的に考えて、右手(腕は除く)が触れる事でしか攻撃を無効化できない奴と、全てのベクトルを触れるだけで操る事が出来る奴がケンカしたらドッチが勝つと思います?

ど~考えても後者だろ、うん。でも前者が勝つんだよwwwどんだけ一方通行さん頭弱ぇ~んだよ


後、主人公の説教で敵の心が揺らぐ、っていう構造はいい加減止めて頂きたい

たかが高校生の鬱陶しい(断じて、熱い、ではない)言葉で、敵の決意が崩れるとか、決意の弱さが露呈してるよねwww




・・・結局はバトル展開にツッコミ所が満載な訳ですよ、あのシリーズは

ま、何だかんだで読み続けちゃってるから、そのツッコミをカバーできるくらいの魅力をストーリーから感じれるんでしょうが




By the way(誤用かも?),今日配られたROADについてなんですが、、、

次期生徒会長は馬鹿ですね、はい。

なんて言うのかな、「筑駒生は全員ヲタネタが分かる」的な思考をどこかで持ってると思いました。

取り敢えずROAD最終号は今生徒会の乙さと次期生徒会長の期待の持て無さを改めて皆さんに晒した、って事ですね

では、最後に次期生徒会長の乙記事の乙題名をカッコ良く(?)した画像をどうぞ



とある生徒会の仕事案内.png

タグ:ぶちょお

雪だ!! by 吉居 [読書]

今日は朝から雪が降っていましたね!

去年降ってから約1年。久しぶりに見た雪はきれいでした。

僕の部屋から隣の家の畑が見えるのですが(田舎とか言わないwww)

朝起きた時から、雪が積もっていました。

今から思うと写真撮っておけばよかったな。。。

去年は朝日の広場に小さい鎌倉が出来ていた気が。

そう思うと、去年の方がもっと雪が降っていたのかな。

記憶がない。。。

雪が降っていたため、今日はずっと家にいたわけですが、


「うんこな議論」を読み終えました。

うんこな議論 amazon.co.jp
http://www.amazon.co.jp/ウンコな議論-ハリー・G・フランクファート/dp/4480842705

下品な題名ですが、至って真面目な本です。

世の中にはびこるうんこ議論とはなんぞや??
っていう内容。

うんこ議論とは、言わば屁理屈や言い逃れとおんなじもので、
自分の感情や態度などについて意図的に歪曲表現を行って出来たもの。

Aという事実を他人に伝えるとき、嘘をつく場合、
相手にAについて誤った事実を与える。
しかし、うんこ議論では、Aに対する自分の感情をあえて歪曲して伝える。

そう思うと、ほぼ毎日うんこ議論をしている気が・・・。

ところで、なんで「うんこ」にする必要があったんだろ?
って思ってよんでいたら衝撃の一文が。

うんこ議論は細部への入念な配慮が欠如している (中略)  その産物は必然的に
粗雑で洗礼を欠くものである。(中略)排泄物は、いささか設計・構築されていない。
単に排出され、放出されるのみである。それなりに一貫した形をもつことも持たないことも
あるが、いずれにしても、それは仕立て上げられてはいない。

うんこについてこんなに的確な表現、初めてみました。

それなりに一貫した形をもつこともある、って何????

それなりに一貫した形というものを教えてください、って感じでしたwww

・・・うんこうんこ言ってすみませんでした。
  
では。

タグ:吉居
nice!(0)  コメント(0) 

KAWAGOE by吉居 [読書]

すみません。題名を間違えてしまいますた。

正しくは、『KAGEROU』です。
そう、今話題の超大作(藁)、「KAGEROU」をついに読むことができたのです[exclamation×2]

以前から、ネットで話題になっていて、そのときから
どのくらいひどいのかな?という理由で読んでみたいな~と思い、


でも買うのは勿体ない気がするな~と思って
誰が買った人いないかな~って探してたら、
なんと、pieno氏が持っていたのです!
ありがとう、pieno氏!!!
それが昨日発覚し、昨日貸してくれと頼んで、今日かしてもらって、
そして、

1時間で読み終えたwwww

ここから先はネタばれ。これから読むもん!!
って人はするーしてくださいな。







まず、手にとって思った感想は、

うはっ、、字でかくね?余白広くね?

236ページあるらしいけど、実質はもっと少ないな。
まあ、字でっかくって余白広い方が読みやすいが、
さすがにここまでしなくても・・・というのが実際。
老眼で字が見えない高齢者を主なターゲットにしているならべつだがwww

内容は、思った以上にましだった。
とはいっても、アマゾンのレビューが目茶目茶だったから、
初めから過剰な期待をしていなかったからね。
逆に、アマゾンのレビューをかいた人たちは、
大きな期待を持っていたのかも。だからああいう結果に・・・。

あらすじはというと。。。
ある男がいて、彼は自殺しようとしていた。
40歳らしいが、言動、発言は20歳。
(心は厨二)←嘘ですwww

自殺の原因は、
バブルがはじけた
   ↓
リストラされた
   ↓ 
借金しまくった
   ↓  
知らない間にカオスになってたwww

という黄金パターン。

ビルから飛び降りようとしたら、なんかイケ面が
ひょっこり沸いてきて、

「諦めんなよ。。諦めんなお前。どうしてそこで辞めるんだ、そこで!
ダメダメダメ諦めたら。そう、never give up!!」

という誰かさんみたいな熱いセリフをいうわけもなく、
飛び降りようとした、主人公の足首を冷静に、

手でキャッチする

という神業を疲労。(握力幾つだよお前)

そして、自分は自殺しようとする人の臓器を
買う業者です。

と軽く自己紹介。
ようするに、
自殺すると、臓器がぐちゃぐちゃになっちゃって使えない。
 ↓
どうせしぬんだったら、
うちのところで、死んで臓器をくれや!!!金やるから。

というかんぱにーの人らしい。

んで、男はその金額につられ、すぐにイケメンに同意。
契約書にサインする。
 ↓
そのカンパニーに連れて行かれる。
身体検査をうけ、無事合格。 
 ↓
ある一人の少女(20歳らしいが発言、言動は10代前半)にであう。
男の臓器の提供先がこの少女。
そして、この少女は美少女。
もちろん、惚れる。キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
 ↓
男は、眠らされ、心臓をとりだされる。
その心臓は少女のものとなり、男は安らかに息をひきとった

THE END

と思いきや、男復活。(2カ月経過)
なんか人工心肺が神がかった進歩を見せており、
心臓がなくても、おkだったらしい。

ドナーがみつかり、男本当に死ぬことになる。
最後の夜、男は病室を抜け出し、あの美少女とであう。

そして。。。(あとは察してください)

になるわけなく、なんか、美少女と最期のひと時をすごす。
このとき、男は女の膝枕で眠る。
(うん、これがあり得ないと思うんだよな。30代の男が膝枕で寝るかな)

そして、男、本当に死亡。

立て続けに、イケメンも倒れる。イケメンはいままでこの男の面倒を見ていた。
(実はこのイケメン、このカンパニーの社長の養子)

イケメン、復活。

THE END








以上があらすじ。かなりてきとうですよ。いっとくけど。

命とはなにか、っていいたいらしいけど、
「命って~だと思いませんか」
「まあ、明日になったら分かりますよ」

んで、何かよくわかンないまま終了。

まあ、これでポプラ新人賞受賞したとか、
マジ、勘弁www
って感じでした。

まあ、気が向いたら、まじめに書評投稿します。
タグ:吉居

ミル読み終わったー・・・ by ゆってぃ [読書]

普段は2~4日で一冊のペースで読んでいるのだけれど、この本は1月6日からちょうど2週間かかってしまった。

ミル「自由論」(岩波文庫)

DWSの授業とかぶったのは偶然です。はい。
というか、去年の11月ぐらいに先生に勧められたんだよね。でずっとするーしてたわけだが、ふと気が向いて読み始めてみたら直後に授業の教材になるというww

僕が読んだのは岩波文庫ですが、これから読もうと思う人はほかの訳をお勧めしますorz
確か古典新訳文庫とかから出てたような。見てないけど。
というのは、この訳、戦前に書かれたものなんですねw で、戦後に若干の手直しを加えて発刊したらしい。日本語が明らかに古い。もっと新しい訳でいつか読みなおそうかな。。

でも内容は面白い。自由主義の確認から始まって、「人の自由はどんな時に制限されるべきか」についてとことん考え抜いた本。
ベンサムの功利主義では、「最大多数の最大幸福」の「幸福」は単純な物質的快楽を意味していたんだと思うけど、ミルは違う。なんというか・・・、数多の人々がそれぞれの天賦の諸能力を(調和的に)発展させることに幸福を見出していたというか・・・。いろんな人が、いろんな思想・言論について議論しあい、高めあう。そういう社会を望んでいたような気がします。

で、そこから思想・言論の自由が説明される。ある思想が発展するには、ほかの思想との間での議論が必要不可欠である。だからいろんな思想の存在を認めるべきだ、というわけ。
構造主義の祖たるソシュールは、単語の意味の生まれる源を単語と単語の間の差異に見出したわけだけれど、思想・言論についても同じなのかもしれない。

議論されない思想は死んだ思想、というのかな。ほかの思想があるから、その思想の存在が認められる。単独では存在できない。というか、誰にも意識されない。それでは、それ以上思想が深まるわけがない。

でも、「自由」については、ミルの視点以外からでも考えることはできるような気がする。天動説と地動説って、地上から観測する上ではどちらも正しいんだよね。地動説のほうがシンプルに説明できるというだけで。
同じように、自由についても、もっとシンプルな考え方があるような気がする。この本の最後のほうはすごく複雑かつ煩雑な感じがしたから。
たとえば、カントの考え方とかがそうなのかな?カントについてたくさん読んだことがあるわけではないからよくわからないけど。

で。肝心の「内職は自由か?」という議論について。
残念な発見。
ミルは「他人に危害を加えない行為は自由」と考えたけど、それにはこういう但し書きがついていました。

「われわれは、小児のことを述べているのではなく、また、男女の成年として法律で定めているであろう年齢よりも下にある若い人々のことを述べているのでもない。いまだほかの人々の世話を受ける必要のある状態にある人々は、~中略~彼ら自身の行動に対しても保護されなければならない。」

つまり、僕ら未成年はこの自由の原則の対象外である、と。
内職が本当に本人にとって悪いものなら、それに対して僕らは保護されるべき、なのかもしれない。が、内職に(本人にとっての)害があるかどうかについては議論の余地があると思う。

うーん。

ミル自身は、未成年については「親の意志に関係なく、彼らは等しく十分な教育を施されるべきである」としか述べてない。時代が時代だからね。

あぁ。結論を考えないでたらたら書いてたらグダい文章になってしまった。ごめんなさいorz

まあ、自由論は一読をお勧めします。結論。






タグ:ゆってぃ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。