So-net無料ブログ作成

期末後、3人目の更新 byぶちょお [二次]

昨日、BLACK氏(又の名をイカ氏、又の名をニンフルエンザ重篤患者氏)から、「ブログ更新しろや、ゴルァ!!!!!」的な事をメールで言われたので、化学のレポートより優先させて更新してます。レポートが乙ったらBLACK氏のせい、という事ですね


今日はスクールに行ったのでヘトヘトであります。改めて己の股関節の硬さが実感できました。コーチに「股関節のバネを云々」とか言われましたが硬くて実践できない、っていうねwww
ストレッチした方が良いのかなぁ・・・

でも今日はマジの本気のガチでやりました。何故なら昨日、部活をすっぽかして伝説の(ry氏と映画に行ってしまったからですね、はい。

一応、ぶちょおと名乗っているからには迷惑かけられませんし(特にペアのゆってぃ氏には)、せめてもの罪滅ぼしという事で。


という事で昨日の映画の話でもしますか(←需要0www)。せっかくですし

まぁ、何の映画かと言われますと「劇場版そらのおとしもの 時計じかけの哀女神(エンジェロイド)」ですね

そらおとパンフレット.JPG


上の画像はパンフレットです。一回目の時に買いました。あ、一回目っていうのは見に行った回数です。昨日、伝説の(ry氏と行ったのは2回目です。1回目は6/25に行きました。相当期末が圧迫されましたねwww

2回も行くとかアホス!!! とか思ってるそこのキミ!!! そこのキミだそこのキミ!!!

ま、確かにムダとは思いますよ。でも何回も見たいじゃん、好きな物は

皆さんだって好きな本は読み返すでしょ?好きなドラマは見返すでしょ?俺は好きなアニメを見返したんです


一応、見方は変えたつもりです。一回目は超感情移入モードで泣く覚悟で見ました。まぁ、泣けなかったんですが(そらおとだからしゃーない。大人になって涙脆くなれば泣けるかも。監督もこのシリーズで一番感動させようと作ったらしいし)

で、二回目は客観的にスクリーン全体を見たりキャラクターの細かい表情描写とかを見逃さないようにしました。

伏線回収もしたかったんですが、いかんせん単純明快なストーリーだったので新たな伏線は発見できませんでしたね。まぁ、そこが長所でもあるんですが


ストーリーとしては、前半:1、2期の総集編&後半:日和さんの話、みたいな感じです(←こっから先はBLACK氏くらいしかついていけないwww)

日和の視点から1、2期を振り返る、的な前半だったんですが、これはそらおとのアニメを見ていないorそらおと大好き 以外は楽しめません、恐らく。だってアニメとほぼ同じなんだもん。

あ、このシーンにも日和がいたんだ、的な驚き(?)はあるんですが、それ以外は特に・・・。新しく声はあてたそうですが。伝説の(ry氏も前半の感想は微妙なようです

でも、後半は面白いですよ!!! 原作を結構変えたストーリーもこれはこれで面白いですし、最後にはアルマゲドンより感動する結末が待っておりますwww


少しでも興味ある人は是非行きましょう。そして入場者数を増やして3期に繋げましょう!!!



はい、そらおとトークは終了です。一般の人も戻ってきて下さ~い。

で、映画の帰り道、伝説の(ry氏が「べ、別にジュンク堂に寄りたくなんかないんだからねっ!!!」みたいな事を言ったのでジュンク堂へ

な~んか5冊くらい買ってましたね。ロッテのおもちゃ(←最近放送終了したアニメの原作。ロリコン仕様すぎて俺にはハードルが高すぎた)とかねwww

俺は何も買う予定無かったんですが、目に「ToLOVEる ダークネス」2巻が飛び込んできまして・・・

ToLOVEる ダークネス.JPG


買っちゃいました。

あ、一応説明しておくと"ToLOVEるダークネス"とは皆さんご存知"ToLOVEる"の続編であります。ジャンプスクエアで連載中です。

ダークネス感が出てますね、表紙を見るだけで分かります。"ToLOVEる"の字体もちょっと変わってるし

ToLOVEる.JPG


これが前作「ToLOVEる」です。昔PA氏から18巻中15巻くらいを1000円でぶんどり買い取りました


前作とダークネスの違いとしては・・・

・メインヒロインが、ララ&春菜→モモやら金色の闇やら蜜柑やらそこらへんになった。つまり完全にロリ仕様

・ストーリーという物が誕生した。ToLOVEるにとっては快挙。

・取り敢えずエロい。


特に最後のはマズいです。ひたすらにエロい。後一歩で成年マンガの域。ジャンプSQで連載しちゃダメな気がする。というか青の祓魔師の隣にコレが連載されている光景が思い浮かばない。

どんな描写があるのか規制付きで説明しようとすると・・・

「モモが風呂場でリトの(ピー)を(ピー)する」とか「犬が河川敷でヤミの(ピー)を(ピー)する」とか

まぁ、こんな感じになってしまいます。


(ピー)の中身が気になる人・読みたい人は言って下さい。明日、PA氏に貸す為に学校に持っていくので。




チキータ、少しだけ夏アニメの話

夏アニメの開始時期(7月)って期末と被るんですね。初めて知りました。

という事で全然チェックできてません。春アニメも消化しきってないし・・・

取り敢えずaxolotl氏と一緒に期待している、「ゆるゆり」と「森田さんは無口」は早く見ようと思っています。



では、化学のレポート書き始めます!!!

タグ:ぶちょお

WAWAWA忘れ物~~~♪ byぶちょお [二次]

今日も地震関連で攻めていこうと思ったらネタが無い事が判明(それこそ大学の卒業式が次々と中止になっている、というネタくらいしか無い)

仕方が無いので久しぶり(?)に二次ネタでも


↑題名だけで何のネタを書くか分かった人もいると思いますが、要はらき☆すたネタ+SHUZO mix。(ゾウリム氏に「ほのぼの乙」とか言われそうだな~)

一昨日見終わったわけですが、テキトーにストーリー紹介を・・・


ヲタク女子高生、泉こなた(CV:平野綾)とその友達の日常生活


・・・これだけで説明終了。というか他に書きようがありません。大したイベントも起きないし、登場人物が成長したりも無いし。終始ほのぼのとしています

まぁ、それでも詰まらないというワケでは全く無く、むしろ結構面白かったです。axolotl氏は22話で泣ける、とか言ってましたが、俺はむしろ笑えましたね。いや、嘲笑というワケではなく純粋な笑いで。

1つ問題点(?)を挙げるとすると、主人公が重度のヲタク、という設定なのでコアなヲタネタが出てくる、ってとこでしょうか

一般人には分かり辛いんじゃないか、って思いましたね

裏を返せばヲタクになればなる程、面白みが増してくる、って事でしょうが


最頻出だったのがハルヒネタでした。まぁ、泉こなたも涼宮ハルヒも中の人が平野さんですし、制作会社も両方京アニですから当然っちゃあ当然。

因みに題名の「WAWAWA忘れ物~」もらき☆すたに出てくるハルヒネタです。白石さんよく頑張るよな~~~

しかしハルヒも見てないaxolotl氏は何故あそこまでらき☆すたに嵌れるのだろうか? ハルヒネタが分んないと面白みも大分薄れてしまう気がするのですが・・・



さて、らき☆すた本体についての話はここら辺にして、ここからは修造を絡めて行きたいと思います。←興味無いとか言わない


まずはこの人を↓

兄沢命斗.JPG


見るからに修造ですよね、あっついのなんの

この人、animateの店長さんの兄沢命斗(あにざわめいと)。らき☆すたにちょくちょく登場しました。

店長が登場するたびに俺のテンションは最高潮でしたね。修造好きは店長登場場面だけでも良いから見るべきだ、くまだ諸君!!!


By the way, ニコ動の修造動画見てるとチャッカリらき☆すたネタが入ってる事があります。

という事でらき☆すた登場場面を調べてみました。ええ、無意味な事は分かってますよ。


まずHot knows...から





1:00に日下部みさおと柊かがみ(疲れた~、少し休憩しようよ~)、1:28に日下部みさお(頑張れヴぁ)

やっぱり、らき☆すたで一番可愛いのはみさおですよね、背景(モブ)キャラ出身だけど。因みにaxolotl氏はつかさが好きらしいですね

「~ヴぁ」なんて可愛過ぎます、はい


次、松岡動画流星群





1:14に柊つかさ(ちんちん)、6:08に柊かがみ(うん、おはよう。寝癖凄いぞ~ 絵ver.)、6:36に泉こなた(有明)、7:45に柊つかさ(ちんちん 口だけver.)、12:31に柊つかさ(右上リコーダー)、12:34に日下部みさお(たたたったた、たたたったた♪)


七色には残念ながらありませんでした。

こう見るとらき☆すたネタは相当使われてる事が分かり、それを数える俺も相当暇な事が分かります。



この無意味に見える調査によって、修造ファンがらき☆すたに興味を持ち、らき☆すたファンが修造に興味を持つようになる事を祈っています。

そして、一般人にはドッチのファンにもなってくれる事を期待しております。


では最後に集合絵でも・・・

らき☆すた.jpg

(右上の紫髪キャラから時計回りに、柊かがみ・泉こなた・小早川ゆたか・岩崎みなみ・高良みゆき・柊つかさ・パトリシア=マーティン・日下部みさお・田村ひより(メガネ)・峰岸あやの)
タグ:ぶちょお

リンク貼り直し by ぶちょお [二次]

moka氏のブログへのリンクを貼りなおしました

何か元々のブログを一旦潰して新たなブログに建て替えたっぽい

何故にそんな事したのかは不明。相変わらずテセのする事は良く分からん。深いんだか浅いんだか

あ、テセってのはmoka氏の別名ね。テセの方が馴染み深いから前々からテセって呼びたいって思ってんですが周りに流されて渋々mokaって呼んでます。付和雷同だな~。師・修造に怒られそう・・・


「mokaの広場」から「嘘つきモカのブログ」に題名が変わったんだが、完全に「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の影響を受けてるとしか思えないwww

moka氏のブログの記事コメントを見る限りaxolotl氏はこの事実に気づいていないようですね。まぁ、あの人は百合テイストほのぼの系しか興味ありませんから仕方無い事でしょうが


この作品の原作ラノベは読んだ事ないんですがマンガ版は読んだ事ありまして、感想はと言うと・・・


やっぱりマンガだけじゃなんとも言えませんね。DWS先生も言ってましたが何の作品でも原作が一番良いのが常です。

丁度moka氏から原作ラノベを押しつけられ借りているので、ハルヒを読み終わったら読もうと思います、はい


そういやmoka氏は「電波女と青春男」も全巻揃えてましたね

どんだけ入間人間が好きなんでしょうかつか何でそんな金あるんだ・・・とらドラ!も全巻揃えてやがるし・・・俺も金があれば買いたいのに・・・大河可愛過ぎるのに・・・

入間人間、ってのは作者の名前ですよ、念のため。「いるまひとま」って読むらしいです。つか、俺もwikiって今知ったwww

電波女(ryも俺は読んだ事ありません。何かこの前moka氏からこんなメールが届いたんで、語彙力が低下するくらい面白い事は分かりましたがwww

電波.jpg


・・・やっぱり何したいんか分りませんね


これからmoka氏は要研究ですね、はい

タグ:ぶちょお

二次しかネタが・・・ byぶちょお [二次]

もはや二次要員としての役割しか担えない気がする←いない方が良いのかもorz

そんくらいネタが無い


という事で苦肉の策。昨日届いた抱き枕について

本体が届いた事で、コミケで買った抱き枕カバーをようやく使用できますた

で、昨日抱いて寝たのだが、やはり抱き心地は最高ですね、はい。何気に熟睡出来る。これで授業中は寝なくて済むかもしれません。Makki先生の授業は寝ましたがwww


で、問題は置き場なんですね。置き場が無い!!!

伝説の○○ゲーマスター氏とかはベッドに置きっぱ済みますが、僕は生憎布団派なのでそれも出来ません。(万年床にしても良いんだが、カビが心配でそれも成らず・・・萎)

仕方が無いので、ハミ出すけど我慢して棚の上に置いて学校に行きましたが、帰ってきたら案の定棚の端で少し折れてました[がく~(落胆した顔)]

まぁ流石に160cmある水平な場所なんて無いだろうから、結局は床に放置で落ち着きそうです。なんとなくイカロスに対して申し訳ない・・・


追記:抱き枕の画像を乗っけようとも思ったんですが、乗っけると他の4人に袋叩きにされそうなので止めときました。そんぐらいイタイwww

(多分いないだろうけど)見たい人はテキトーにggって下さい

タグ:ぶちょお

早めの帰宅 byぶちょお [二次]

HRが早く終わっちまったので、図書メディア委員としての責務を果たしに行くゾウリム氏を尻目にaxolotl氏と下校

電車内でけいおん!!の映画化等について話したのだが心なしかaxolotl氏の声のボリュームが小さかったwww
別に人の目とか気にせんでも良いのに

その後、久しぶりにanimate渋谷店へ

そらのおとしもの11巻」と「大好きです!!魔法天使こすもす」を購入。

後者は全く買う予定は無かったのだが、そらおとの作者・水無月すうさんが原案という事だったので買ってしまった。帯についていたイカロス図書カードの応募券に惹かれたのも一因だったりwww


TSUTAYAにも寄って、けいおん!!のキャラソン(Mステのシングルランキングで9位になってたやつ)でも借りようかと思ったが、止めといた。これ以上サイフが寂しくなっても悲しいし・・・


で、帰宅後買ったマンガを読んだ

まぁ、そらおとが面白い事は当たり前。少年エースでもう既読だったんだが、少し誌上に載ってたのとセリフが違ったりしてて十分楽しめた こんな面白いのにNASAIの殆どの輩は読もうとしない。絶対人生損している

で、問題は魔法天使こすもすの方なんだが・・・

ハッキリ言うと詰まんなかったな、うん。作画もたまに崩れているしストーリーは訳分からん。「そらおと公認のアフターストーリー」とか銘打ってるケド、どこがアフターだよっ!!!!っていう感じ (つか、そらおとってサザエさん方式採用してるからそもそもアフターってムリでは無いか???)

取り敢えず次巻も買ってそれでも詰まんなかったら今年の文化祭に並ぶと思われる。
そん時は世話してやって下さい

タグ:ぶちょお

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。